初めての海外FXはこの3業者!

小額資金で稼ぐことを可能にするFXのレバレッジ、取引はどう変わる?

レバレッジはリスクとリターンに直結する部分ですので、始めにしっかりと理解しておきたいところ。

うまく使えば資金効率が劇的に上がり、使い方が悪ければ資金を失い続けることになります。本当に諸刃の剣だなぁと思います。

レバレッジを知れば「レバレッジは危険と言われること」「FXは少ない資金で大きく稼げる」と言われる理由もわかるでしょう。

  • 「あなたは今レバレッジ何倍の取引をしていますか?」
  • 「レバレッジ3倍の取引をしようと考えた場合、何通貨の取引ができるのですか?」

答えられないなら、自分が取っているリスクが把握できていません。

今回は、レバレッジの仕組みと計算方法を解説します
上手く使っていきましょう!

レバレッジをかければ取引に必要な資金が減る

FXにはレバレッジの仕組みがあり、レバレッジをかけることで投資資金以上の取引が可能になります。

例えば1ドル100円であるとき(1通貨100円)、1万通貨買うのに必要な資金は100万円です

1ドル100円×10,000通貨=100万円(必要証拠金)

結構な資金が必要になりますね。

同じ条件でレバレッジを10倍かけると、どうなるでしょうか?

10万円の資金があれば買うことができます

1ドル100円×10,000通貨÷レバ10倍=10万円(必要証拠金)

これが少ない資金でもFXを始めることができ、大きな利益を出すことができるという一番の特徴です。

証拠金によるレバレッジの変化

国内最大レバレッジ25倍を例にすると以下のようになります。

  • 証拠金100万円で1万通貨の売買・・・レバレッジ1倍
  • 証拠金50万円で1万通貨の売買・・・レバレッジ2倍
  • 証拠金10万円で1万通貨の売買・・・レバレッジ10倍
  • 証拠金4万円で1万通貨の売買・・・レバレッジ25倍
  • 証拠金4万円以下・・・レバレッジ25倍を越えるため取引不可

ムリなレバレッジをかけると損失を拡大させる

レバレッジの扱いを間違えると、大きな損失を出すことになります。

レバレッジを上げていくことで、必要となる資金を減らすことができるのは先の説明の通りです。

しかし、同時に少ない資金に見合わない損益が発生していることに注意。

ハイレバレッジで相場が逆行した場合、資金に対する損失額が大きくなるため、資金がなくなるまでが早くなる

1万通貨の取引だと、ドル円が1円の値動きで1万円の損益が発生します。

レバレッジを上げるほど必要になる資金が少なくて済みます、逆行に耐えられなくなります。

レバなしレバ10倍レバ25倍
必要な資金100万円10万円4万円
資金がなくなるドル円レート0円90円96円
1ドル100円で1万通貨買った場合のロスカットレート

極端ですが、レバレッジをかけなければドル円が100円→0円になるまで、含み損を抱えながらもずっと保有し続けることができるわけです。

レバレッジ25倍ともなると資金は4万円で済むのですが、レートが1ドル96円で強制決済(4円値下がりで4万円の損失がでているため)。

レバレッジを高くしすぎて必要資金ギリギリだと、相場の逆行に耐えられる幅が小さくなり損害がでやすいということになります。

ですので、仮に1千万という潤沢な資金があったとしても、レバレッジが高すぎれば耐えられる余力が小さくなるので1千万円を簡単に失います。

レバレッジが危険とされるのは、損害も大きくなりやすいから
しかし資金管理の問題ですので、リスクを取りすぎないトレードを心がけましょう

FXレバレッジの上限

扱えるレバレッジのには上限があり、国内FXか海外FXかで変わります。

  • 国内FX(個人)・・・最大25倍
  • 国内FX(法人)・・・最大200倍
  • 海外FX・・・制限無し(1000倍以上も可能)

国内FXは金融庁によるレバレッジ規制がかかっているため、個人がFXを始める場合はレバレッジ25倍が上限と考えて問題ありません。

海外FXでは、レバレッジ規制がないため25倍以上の取引が可能です。また、何倍のレバレッジを上限としているかは、業者により異なるので調べてみましょう。

XMだと888倍、GemForexだと1000倍といった具合に様々

個人的には500倍のレバレッジもあれば十分だと感じているので、海外FXであればどこを利用してもレバレッジ的には問題ないと思います。

レバレッジは自動的に計算され適用される

FXを始めたばかりのころは、レバレッジを自分で設定する場所があるものだと思っていました

国内FXを例に取引した場合、レバレッジは自動的に計算されて25倍の範囲内であれば売買することができます。

自動でレバレッジが計算されて取引に適用されるため、自分が今レバレッジ何倍で取引しているのか把握しがたい問題があります。

大まかでいいので、今何倍のレバレッジで取引しているのか把握しておく方が良いでしょう。

レバレッジのかけ方次第で証拠金維持率が変わってきます。

レバレッジの計算例

レバレッジは以下の計算式で求めることができます
レバレッジ=(取引量×現在レート)÷ 証拠金

1ドルが100円のとき、米ドル1万通貨の売買を例にレバレッジを計算してみましょう。

口座残高が100万円の場合、レバレッジは1倍

100円 × 1万通貨 ÷ 100万円=1倍(レバレッジ)

口座残高が20万円の場合、レバレッジは5倍

100円 × 1万通貨 ÷ 20万円=5倍(レバレッジ)

レバレッジの計算自体は複雑なものではないので、頭の片隅にでも入れておきましょう。

資金管理ができるならば、レバレッジは自由に決めてしまえば良い

「ハイレバレッジは危険だから絶対にやめましょう」というのが一般的です。

しかし個人的には、レバレッジは危険だからハイレバはダメだという気はありません。

リスクが取れるならレバレッジを上げますし、小額低レバではFXのメリットが活きないと思っているからです。

とはいえFX初心者の場合は低レバレッジで

FX初心者は、まずFXの取引に慣れることが優先事項です。

資金を多く準備できる人も、少なく始める人も始めはレバレッジ3倍程度に留め、取引経験を積みましょう。

理由は単純に失敗した後のリカバリーが可能だからです。

知識も経験もない状態では、大きな損失を出した場合にカバーできません。

そして真剣にFXに取り組み、学び続けるトレーダーは大きな損失は決して出すことはありません。

初心者の間は稼ぐことよりも、これから稼いでいくために自分がレベルアップすることを優先しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA