初めての海外FXはこの3業者!

【海外FXのメリット】なぜ国内口座を持ちながらも海外FXを始める人が多いのか?

FXを始めるにしても、国内FXから始める人が大多数だと思います。

FX口座を持っているにもかかわらず、わざわざ海外FX口座も開設する理由はあるのでしょうか。

体感でしかありませんが、トレードを1年以上やっているような人は、国内口座+海外口座保有という人が多いように感じます。

それほどに、海外口座も利用する人は多いのです。

それは何故なのかというと

海外FXは、トレーダーにとって有利な取引環境だから。これに尽きます。

  • 小額であっても稼いでいくことができること
  • 追証がないこと
  • 豊富なボーナスの提供

これらは、国内FXでは利用できません。

私もFXは国内から始めましたが、海外FX口座も開設して使い分けています。

それは単に、海外FXの方がトレードに有利だから。

国内と海外では取引ルールは同じである以上、トレードに有利な方を選ぶのは自然なことです。

海外FXは危険かもしれないと、初めから選択肢から外すのはもったいないと思いませんか?

今回は、国内口座を持っていながら海外FXを利用する理由について、経験を元に解説するよ!

【海外FXを利用する理由1】トレーダー有利な取引環境

主に以下3つが国内FXと海外FXの違いであり、これを理由に海外FXを利用することになるでしょう。

  • 国内レバレッジ25倍を超えるハイレバレッジの利用
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • 資金が少なくても稼ぐチャンスのある各種ボーナスの利用

海外FXを始めようという人は、高いレバレッジを求めているといったシンプルな動機だと思います。

それは小資金で稼いでいきたいという、国内FXでは実現不可能なトレードができるからですね。

国内レバレッジ25倍を超えるハイレバレッジの利用

ご存じの通り、国内FXの最大レバレッジは25倍
25倍のレバレッジを超える取引をするために、海外FXを利用します

最低でも200倍、多くが1000倍であり無制限といった業者もあります。

このレバレッジが高いと何が良いのかというと、取引に必要となる資金が減ること。

国内FXだと50万円の資金が必要になるのに、海外FXだと5万円でおなじ取引量のトレードができるようになるイメージです。

FXは小額で大きく稼ぐことができる。

そのように言われるのは、レバレッジが理由です。

レバレッジに関しては、実際にトレードしてみないと、イメージやメリットが伝わりにくいものです。

解説記事も用意しましたので、レバレッジを使うとどのような取引が可能になるのか参考にしてください。

関連記事 小額資金で稼ぐことを可能にするFXのレバレッジ、取引はどう変わる?

追証なしのゼロカットシステム

海外FXでは「追証」がありません
ハイレバレッジを可能にしている理由でもあります

FXでは口座残高以上に損失を出してしまうことがあります。

100万円の資金しかないのに、200万円の損失がでてしまうようなことが実際に起こりえます。結果口座残高は-100万円。

この不足分の100万円は、国内と海外で扱いが異なります。

国内FXだと不足分の100万円は、支払わなければなりません。(追証)

海外FXだと口座残高がゼロリセットされます。不足分の100万円は、支払う必要がありません。(ゼロカットシステム)

いかに追証が恐ろしいものか理解できるかと思います。

国内FXでは追証になっても被害額が大きくならないように、レバレッジを制限していると言い換えることができるでしょう。

そんなことをせずに、ゼロカットシステムを導入してくれたら済むのですが…。

なぜこのようなことが起きるのか。国内FXを使っている人は必ず知っておくべきです。

そして海外FXでは追証がないため、レバレッジに制限などかける必要はないということです。

資金が少なくても稼ぐチャンスのある各種ボーナスの利用

海外FXでは、証拠金と同様に利用することができるボーナスが用意されています。

口座開設ボーナスと、入金ボーナスがあります
証拠金として使えるため、有利にトレードを進められます

詳細は重複するため、詳しくは損失補填の仕組みの項で説明しましょう。

これらは全てトレーダーにとってメリットでしかありません。海外FX口座を作る理由はこういったトレードに有利な環境なんですよね。

また、入出金方法のような細かい部分まで見ると、海外FXでは多様で別物と言っていいくらいです。

以下の記事に、国内FXと海外FXの違いの全てをまとめました。

【徹底比較!】国内FXと海外FX徹底比較!その違いの全てを網羅!

【海外FXを利用する理由2】損失補填となる仕組みが多い

海外FX利用のメリットはこれまでの説明の通りですが、もう1つ理由があります。

それは、トレードで生じた損失の補填となる仕組みがあるからです。

代表的なものが以下の3つ。

  • 口座開設・入金ボーナス
  • 海外FXアフィリエイト
  • キャッシュバック

損失をカバーできる仕組みは、長くトレードをやる上で重要
FX初心者には損失を埋めるために、経験者には利益の上乗せとなります

口座開設・入金ボーナスの活用法

口座を開設したとき、そして入金したときにボーナスを受け取ることができます。

  • 口座開設ボーナス・・・口座開設したときにボーナスが付与
  • 入金ボーナス・・・入金額に応じて決められたボーナスが付与

これらボーナスは、証拠金としてトレードに使うことができます。

多くの業者でボーナスの提供が行われています
もらえるボーナス額は業者により違うのでチェックしてみよう

口座開設ボーナスは、ノーリスクなトレードができる

口座開設ボーナスは、口座開設をすることで受け取ることができるボーナスです。

もらったボーナスで取引できるため、資金を入金せずに取引できます。

つまり口座開設ボーナスは、全損しても実害は全くでないノーリスクなトレードが可能。

例えば、XMでは口座開設をすると3,000円のボーナスがもらえます。

このボーナスは出金することはできませんが、3,000円口座にあるものとしてトレードできます。

ボーナスは証拠金としてトレードに使えますが、出金することはできないところには注意。

入金ボーナスで、少ない資金でも大きな証拠金としてトレード

もうひとつは「入金額+ボーナス」といった証拠金となるため、実際の入金額以上の証拠金で取引ができるということ。

これは少ない入金額でも大きな取引ができるようになるということです。

例えば入金額1万円だったとしても、ボーナスが5万円つくのであれば6万円の口座残高としてトレードできることになります。

1万円で取引するか、6万円で取引するか。トレードしたことがなくても、6万円で取引できる方が有利だなということはイメージできると思います。

ハイレバレッジは危険だとよく言われるが

ハイレバだと資金が短期間で増やすことができる一方、失うのも早いことは事実。

これはトレーダー個人の資金管理の問題であり、これをハイレバレッジが危険と言われているわけではありません。

問題なのは、追証のある国内でのハイレバレッジ。レバレッジを掛けた状態で追証を受けると、支払う金額も巨額になるため実際危険です。

ボーナス提供額や頻度は、業者により異なる

ボーナスがある海外FX業者をまとめてみました。

私が実際に利用している業者しか紹介できませんが、多くの海外FX業者では各種ボーナスを用意しているので、興味のある業者は調べてみましょう。

関連記事 【海外FX業者比較】口座開設ボーナス&入金ボーナス提供業者一覧

海外FXアフィリエイトを始める

トレード経験や知識を生かす
勉強したことをアウトプットする
副収入を作る

海外FXアフィリエイトを始めてみるのも悪くありません

FX業者では、大抵の場合アフィリエイトできる環境が整っています。成果を出すのは大変ですが、トレードとは別の収入源とするには超優秀。

FXを学びながらブログ記事へアウトプットし、アフィリエイトを活用するなどトレードと相性がよいため、挑戦してみて損はありません。

レバレッジを効かせたトレード同様、永続報酬という破壊力が海外FXアフィリエイトにはあります。

始めるためにはブログを作る必要がでてくるため、少し大変ではあります。

やってみたいけどブログも初心者だよという人向けに、海外FXアフィリエイトの始め方を解説しました。

【初心者向け】海外FXアフィリエイトの始め方

キャッシュバックサイトに登録する

トレード毎に、取引量に応じた現金が戻ってきます
キャッシュバックサイトは活用しよう

取引に応じた一部が、現金の形で還元される仕組みです。

トレードするだけでお金がもらえるとも言い換えることができるため、怪しく聞こえるかもしれません。

ですがこの還元されるお金は、スプレッドから支払われています。

つまりあなたがトレード毎に支払っている手数料の一部から支払われている形ですので、怪しい仕組みでもなんでもなく、キャッシュバックは受けなきゃ損。

海外FX全般でスプレッドが広めなのは、こうした事情もあるわけです。

キャッシュバックを受けるには

TariTaliRoyalChashBackといった、キャッシュバックサイトを利用します。

これら損失をカバーする仕組みの詳細は、以下の記事が参考になると思います。

海外FXを使っているのに知らないのは損!充実した損失補填策で有利にトレードしよう!

海外FXを利用することで不利になること

主にスキャルピングをする人、資金が潤沢にありコンスタンスに利益を出せる人にはデメリットです

海外FXを使うことで不利になることもあります。それは以下の3つ。

  • 信用できる業者選び
  • スプレッドが広い
  • 支払う税金が高い

安心して取引できる業者選びが必要になる

国内業者であっても、業者選びに悩みます。しかし安心できるかどうかまで悩むことはマレではないでしょうか。

海外業者だと言語の壁も考えられますし、実態がよくわからないため警戒せざるを得ないと思います。

実際のところは、ほとんどの業者で日本語に対応しているため、問い合わせは日本語で問題ありません。

海外FXを初めて8年ほどになりますが、トラブルもなく運用できています。

安心して取引できる業者かどうかの目安は、日本人の利用者が多く知名度があることを1つの指標として利用するのが間違いありません。

参考記事 安全な海外FX業者を見極めるポイント

海外FXはスプレッドが広い

ドル円スプレッドを例にすると、国内が約0.2pipsに対し海外では約1.5pipsです。

スキャルピングがメインの場合は厳しいと言わざるを得ません。

支払う税金が国内FXよりも高額

FXで出た利益にかかる税金は、海外FXの方が高額になります。

まだあまりFXで稼げていないなら、考える必要はありませんが、コンスタントに稼げるようになってくると税金が重いので見なおしてみましょう。

おわりに

海外FXを利用する理由について、簡単に列挙してみました。これらは全てトレーダー有利な環境提供、国内FXでは使うことのできないメリットです。

まとめると

  • 国内レバレッジ25倍を超えるハイレバレッジ
  • 追証がないゼロカットシステム
  • 口座開設・入金ボーナス
  • 海外FXアフィリエイト
  • キャッシュバック

のようになります。

もちろん海外業者となると、スプレッドの広さや安心感といったものは国内業者に比べると劣ります。

ですが、それ以上にメリットが大きいといことですね。結局国内業者であっても、追証があるかぎり「安心感」とは程遠いかもしれません。

以下の記事では、海外業者の中では最も安心して利用できるXMの口座開設手順について解説しました。

興味のある方は、海外口座の作成手順に進みましょう。

【海外FX初心者】失敗しないMXの口座開設方法

FXに興味はあるけどよくわからないという人向けに、FX取引の仕組みについても解説しています。ぜひ参考になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA