初めての海外FXはこの3業者!

XMの両建てルール

XMでは、トレードでの両建てを認めています。

しかし、XMが定める両建ての禁止事項があり、違反する場合は口座の凍結となる厳しい処分が下されます。

両建ては基本的に難しい手法であり、両建てを認める業者も多くありません。

そのため、積極的に両建て手法を活用していくのは個人的にオススメはしません。

とはいえ、両建ても上手く使うことができればゼロカット回避したり、レンジ相場で利益を出していくことも可能。

両建て手法に関しては話が反れるため、ここではXMでの両建ての扱いについて解説していきます

両建て取引とは

両建てという手法について、ザックリと解説しておきます。

ひとつの通貨ペアで、買いと売り両方のポジションを同時に持つことを両建てと言います。

たとえば

ドル円の買いポジションを持つと同時に、売りポジションも持つといった行為です。

両建てすることにより、相場が上がろうが下がろうが損益は一切変わらない状況になることがイメージできるかと思います。

ドル円相場が上昇していった場合、売りポジションが損失が出ている一方、買いポジションで同額の利益が出ている状態となります。

スプレッドがあるため、完全に損失がなくなるわけではありませんが、相場が上下どう動こうが損益は変動しないため損失がでません。(もちろん利益もでません)

なんだか意味のない行為ですが、上手く使うことでピンチを回避できたりもします。

ですが、扱いが難しく上手く使えれば武器、基本的にはやらない方が良い。

推奨度合いとすれば、ナンピンとよく似ていると思います。

XMは両建て取引を認めている

XMでは両建て取引は禁止という情報もありますが、両建て取引を認めてはいます。

公式サイトにて「両建て取引を認めている」と明記されているため、XMで両建てをすることは問題ありません。

XMが認めている両建ては「同じ口座のなかで行われる両建て」に限ります。

XMが禁止する両建て行為

XMは両建てを認めているといいましたが、一部の両建ては禁止として明記されています。

知らないとうっかり禁止事項に触れる両建てをやってしまうこともあるため、注意が必要です。

複数口座を利用した両建て

XMでは口座を複数持つことができるため、意図せずうっかりやってしまうことがあるのが、この複数口座を利用した両建てです。

特にEA(自動売買)を利用している場合には、知らぬ間に反対売買していることが起こりえるため、特に注意が必要になります。

複数業者を利用した両建て

2つの業者を利用している場合には、業者をまたいで両建てにならないように注意する必要があります。

インターバンクと呼ばれる為替相場の売買システムに直結した取引環境であるため、業者をまたいだ両建てが発覚することもあります。

複数アカウントを利用した両建て

XMで1人が複数のアカウントを持つことはできません。

しかし利害が一致するため、家族や友人のアカウントを利用しようと考える人もいます。

1人で2つのアカウントを操作することはもちろん禁止。

家族や友人と連絡を取り合って両建てするのも禁止です。

そんなことXMがわかるのか?

そう思いますが、わかることです。

IPアドレス(接続元)や利用端末、取引履歴はXM側も把握できることなので、これらの情報から両建ての可能性を疑うことは可能です。

もちろん断定はできないでしょう。

しかし両建ては、同一通貨・同一取引量・同時間に反対売買という特徴があるため

偶然の域を超えてくるならば意図的な両建てとみなされても致し方ないことです。